商工会からのお知らせ

© 富士見商工会 All rights reserved.

daikon

時沢大根

かつて旧富士見村時沢地区を中心に盛んに栽培されていた「時沢大根」。昭和30年代に首都圏に多く出荷されていたが、生産農家の高齢化のため栽培数が激減。しかし富士見商工会の有志による『時沢大根復活プロジェクト』の活動により富士見の特産品として広く認知されるようになった。色々な食べ方や加工の方法など、様々な研究により更なる進化を遂げている『時沢大根』の今後の動向を注視したい。

関連記事

名峰 赤城

富士見地区の農家が大切に育てた「ひとめぼれ」を原料米として品質管理の行き届いた聖酒造の赤城蔵で仕込み、製造される富士見を代表するの地酒。富士…

osirase3

「名峰赤城」 新酒発表会

平成25年12月17日富士見温泉ふれあい館において「名峰赤城」新酒発表会を開催しました。 関係者80余名が出席し出来立てのお酒を堪能い…

ほうれん草うどん

富士見地区は全国的にも良質なほうれん草の産地として有名だが、そのほうれん草をふんだんに練り込んだうどんがこのほうれん草うどん。 ほうれん草…

osirase3

名峰赤城の酒造りに参加を!

名峰赤城の酒造りに皆さんも参加しませんか! 名峰赤城は「みんなで造るみんなのお酒」です! 今年も原料となるお…

osirase3

観光客誘致委員会開催 1年間かけて調査研究、試作品開発

台湾と群馬で敬愛される偉人の絆を活かした観光客誘致と食事、 土産品の開発を目指し、第一回委員会が6月20日に行われました。 専…

ページ上部へ戻る